湘南(爆)テニス族メーリングリスト

(shonan-ml-lst@y7.com)の使い方について


----  Contents  ----

1    ご利用に際して

2    基本的な使い方
2.1  メーリングリストとは?
2.2  コマンドの使い方
2.3  もし、わからなくなったら?

3    コマンドの一覧
3.1  情報の取り寄せ・基本的なコマンド
3.2  メンバー情報や配送の停止・脱会等
3.3  ドメイン名が変更になった場合
3.4  まとめ送り
3.5  過去のメールの取り寄せ方
3.6  traffic コマンド(投稿量の統計)



<<<  1 ご利用に際して  >>>


o 『投稿する』  →  shonan-ml-lst@y7.com

 メーリングリストに投稿する記事はここに送信します。


o 『コマンドを送信する』  →  shonan-ml-ctl@y7.com

 各種コマンドメール送信用アドレスです。
 詳しくは <<<  3 コマンドの一覧  >>> をご覧ください。


o 『管理人組合への問い合わせ』  →  shonan-ml-adm@y7.com

 当メーリングリスト管理人組合のアドレスです。
 管理人組合は、複数のメンバーで運営されています。
 どんな些細なことでも構いません、ご質問、ご要望などはこちらへ。


※※ 注意 ※※

各アドレス中の ml, lst, ctl の「l」は、小文字の「L(エル)」です。
ご注意下さい。



。。。本文の前に。。。

「間違えてメーリングリストに登録してしまった」
「取りあえず停止したい」
という方のために、必要な事項を最初に説明しておきます。

shonan-ml-lst@y7.com メーリングリストから脱退したいときには
本文に# bye とのみ書いたメールを
宛てに送ってください。


宛先(To):shonan-ml-ctl@y7.com
件名(Subject):none
---------------------------------
# bye  <- メールの本文は"# bye"だけ!!


長期出張などで、一時的に配送を停止したいときには
本文の先頭に # off と書いたメールを
宛てに送ってください。
再開したいときには、 # on を送ってください。


過去のメールが欲しいときは、まず、本文の先頭に # index とだけ書いたメールを
宛てに送って
投稿メール並びに取り出し可能ファイル一覧を取り寄せてください。
その一覧を参考にして、たとえば # get 100-200 や # get 100.tar.gz
というコマンドを送ってください。
(詳しくは <<<  3.5  過去のメールの取り寄せ方  >>> をご覧ください。)


メーリングリストサーバは、投稿されたメールの「From」を見て
会員かどうかをチェックしています。
この設定が変わると、投稿が受け付けられなかったり
新たに会員登録がなされてしまったりしますので注意が必要です。
複数のメールアドレスをお持ちの方は、お気をつけください。



<<<  2 基本的な使い方  >>>

<<<  2.1 メーリングリストとは?  >>>

メーリングリスト(以下適宜メーリングリストをMLと略す)とはあるメールアドレス

shonan-ml-lst@y7.com

宛に送ったメールがメーリングリストに登録されているメンバー全員に
配送される仕組みです。



<<<  2.2 コマンドの使い方  >>>

このメーリングリストサーバには、さまざまな機能が搭載されています。
その機能を使うときは『英単語からなる命令(以下、「コマンド」と呼ぶ)』
の内容のメールを、指定されたメールアドレスに送って下さい。

メーリングリストサーバにコマンドを送り、過去の記事を取り寄せたり
配送を一時停止するためには、コマンドメールアドレス

shonan-ml-ctl@y7.com

宛にコマンドを含むメールを送って下さい。送るべき内容は

# コマンド オプション

の形です。その際"# "を行頭に付けることを忘れないで下さい。
                 ~~

コマンドメールは他のメンバーには配送されません。
つまり、本文に"# help"などと書かれたメールは配送されません。


※※ 注意 ※※

通常コマンドは英語と数字だけからなります。
コマンドは、メール本文の先頭から「# help」という形式で書きます。
コマンドは大文字でも小文字でも同様に認識しますので、
「# help」は「# Help」でも「# HELP」でもかまいません。
ただし、DBCS(2バイト文字, いわゆる全角文字)で「# HELP」
としても認識しませんのでご注意ください。
オプションは通常大文字小文字を"区別します"。

Subjectは付けても付けなくても結構です。全て無視されます。
また、本文にシグネチャーなどがあった場合は
それらもコマンドとみなしてしまい
エラーメッセージが送られる場合があります。
特に問題はありませんが、コマンドを送信する際には
コマンドのみを送信しシグネチャーは送信しないようにする事をお勧めします。
シグネチャーやフッターが付いてしまう場合はコマンド終了を示す
# endをコマンドの最終行に記載して下さい。


例1:
--------- メール本文 ここから下 --------------
# help
------------ この上まで ----------------------

メール本文が↑のメール(内容が"# help"だけを含むメール)を送ると
このヘルプファイルが送られてきます。
(大文字小文字を問わない、半角のみ)

例2:

以下は、ヘルプファイルと過去の10番目の投稿から5つ分を取り出して
参加しているメンバーのリストを取り寄せるコマンドメールの例です。
--------- メール本文 ここから下 --------------
# help
# get 10-14
# actives
# exit
------------ この上まで ----------------------

複数コマンドを送信する際には1つ1つのコマンドについて
1通1通メールを出すのではなく、1通のメールに全てを記載して
送信するようにして下さい。
連続するコマンドは最大10行まで1回のメール送信で書き込めます。



<<<  2.3 もし、わからなくなったら?  >>>

基本的な情報はメーリングリストから送られてくるメールを見て下さい。

"メールを読むためのソフト"の中には、これらの X-なんとか という行を
勝手に削るものがあります。
また X-なんとか 行を残すように設定変更すらできない場合もあります。
その場合はこれらの有益な情報は見えません。

どうしてもわからないとか、エラーメール等が返ってきたりした場合は
遠慮なく、管理人組合

shonan-ml-adm@y7.com

までお問い合わせ下さい。その際、

   ・何をして、そうなったのか?
   ・その時投げたメール、返ってきたメール
   ・日時(タイミング)

等をつけてメールしてもらえると、問題解決の手掛かりになりますので
よろしくお願いします。



<<<  3 コマンドの一覧  >>>

以下の説明は

# コマンド
 説明と具体例

の形でならんでいます。
なお、[]で囲まれた部分は省略可能です。



<<<  3.1 情報の取り寄せ・基本的なコマンド  >>>

コマンド送信の場合には必ず行頭に"# "の2文字を加えて下さい。
                                 ~~
# help
 コマンドのヘルプ(このメールの内容)

# objective
 メーリングリストの目的、約束事を読む

# guide
 一般的な案内を得る
 (メンバーでない人でも取り寄せ可能)

# index
 取り出せる関連ファイルやメッセージの一覧

# msg
 管理者へメールを送る
 「# msg」コマンドが含まれているメールは、管理
 者にそのまま転送されます。
 なお、# msg コマンドの後のコマンドはすべて無視されます。

 例:
 # guide
 # msg
 こんにちは。ここがメッセージです。
 # objective

 この例では「# guide」は実行されて案内の文書が
 取り寄せられますが、「# objective」は実行されません。


# summary  [引数]
 過去の記事一覧を得る(Summary全体を送る)
 誰がいつ何というサブジェクトを送信したかが分かります。
 引数:  記事の番号、番号の範囲
 例:
 summary 全記事の一覧
 summary last:10 最近10個の記事一覧
 summary 100-200 記事100〜200 の一覧だけを得る

# exit
 コマンド列の終り
 これ以降にどんな文字があっても、メーリングリスト
 サーバはコマンドとは認識しません。
 メールソフトでSignatureが自動に付く場合等に便利です

# end
 # exitと同じ



<<<  3.2 メンバー情報や配送の停止・脱会等  >>>

# actives
 実際に配送されているメンバーのリストを得る

# members
 投稿可能なメンバーリストを得る

注意:メンバーリストのファイルの形式について
行頭に「#」が一つついているアドレスは、「# off」コマンドによって
一時的に配送を止めています。これは「# on」によって再開されます。
「##BYE」はメーリングリストから脱退したメンバーのアドレスです。


# status [アドレス]
 現在の設定を得る
 まとめおくりや配送停止などの設定情報が得られます。
 オプションはメールアドレスを指定します。
 オプションを省略すると自分自身の状態です。


〜 配送のモード等について 〜

複数のアドレスが登録してある場合の ON, OFF, MATOME 等の操作は、
操作するべきアドレスが一つに特定できるまでアドレスを一意に特定
できるまでアドレスのチェックを厳しくしてチャレンジします。
#どうしてもだめな場合だけは管理者へコンタクトして下さい。

# skip
 配送は停止されるが、投稿は可能にする
 複数箇所のアドレスからMLへ投稿する場合
 投稿はできるが、配送はされないアドレスと設定する

# noskip
 # skip の設定をやめる

# off
 MLの配送を一時的に止める
 長期休暇、出張などでメールボックスの溢れが
 気になる場合に利用してください。

# on
 # off の設定を解除し、配送を再開する

# bye
 MLをやめる

# unsubscribe
 MLをやめる



<<<  3.3 メールアドレスやドメイン名が変更になった場合  >>>

# chaddr old-address new-address

old-address を new-address へ変える

メーリングリストに参加するアドレスを変更するには

# chaddr 旧メールアドレス 新しいメールアドレス

という内容のメールを送るとメールアドレスを変更することができます。
必ず『旧アドレス』からこのコマンドを送ってください。

結果にかかわらず、新旧両方のアドレスと管理人組合に
変更の通知がメールで送られます。



<<<  3.4 まとめ送り  >>>

まとめ送りは、即時配送ではなく、1日1回まとめて送られる配送方式です。
下記に記すように引数は"1"若しくは"0"のみ有効です。
例:
# matome 1mp
MIME/Multipart 形式で送る。

# matome 1
 夏時間の時にご前6〜7時(JST)に、冬時間の時に
 午後7〜8時(JST)にまとめて配信されます。
 default は gzip した Unix From つきのファイルの固まりです。

# matome 0
 普通の配送へ戻す

   例:
 # matome 1u まとめ送り (plain text)
 # matome 1mp まとめ送り MIME/Multipart形式で



<<<  3.5 過去のメールの取り寄せ方  >>>

# index
 取り寄せ可能なファイルのリストをかえす。

# mget
# get  数字
 過去の記事を得る。通常のテキストで返送されます

# mget
# get 複数の記事指定 [モード] [時間間隔]
 スプールの記事や(もしあれば)アーカイブにある
 ファイルを一つのメールにまとめて送り返す

 例:
 # get 20-30 記事20〜30を得る
 # get 1-10,15 記事1〜10、15を得る


   ●# get で複数の記事を取り寄せる場合の引数:
範囲を指定 1-10,12,15-100 1,2,10
first first:10 last:30 100-last
モード gz tgz ish rfc934 b rfc1153 d unpack uf(default=tgz)
時間間隔 送り返すメールが複数の時の間隔(default=300)

   モード:
tgz tar+gzip で spool.tar.gz
mp MIME/Muptilpart PLAINTEXT
uf PLAINTEXT(UNIX FROM)
gz GZIP(UNIX FROM)
b RFC934 format PLAINTEXT(mh-burst)
i lha + ish
lu lha + uuencode
unpack PLAINTEXT(UNIX FROM)
uu UUENCODE
d RFC1153 format PLAINTEXT
rfc1153 RFC1153 format PLAINTEXT

# indexコマンドを送信して取り出せるファイルの一覧の中に
例えば、9706.zipや600.tar.gzなどという表記があった場合は
# mget 9706.zipや# mget 600.tar.gzと書いて送信すれば取り出せます。

○ 1つ1つ取り寄せる場合

過去のメールを1通単位で取り寄せるには"# get"若しくは"# mget"を使います。
以下にメールの本文に書く例を示します。
# getでやってみてうまくいかなければ# mgetで試して下さい。

 (1) 1 番目のメールが欲しい
     # get 1

 (2) 1 〜 3 番目のメールを1通ずつ欲しい
     # get 1
     # get 2
     # get 3
上記の場合は
     # get 1-3
とするようにして下さい。

○ まとめて取り寄せる場合

 (1) 100 〜 200 番目のメールを欲しい
     # get 100-200

 (2) 100 〜 200 番目のメールが複数になる場合は 30 秒間隔で欲しい
     # get 100-200 30

 (3) 100 〜 200 番目のメールを PLAIN TEXT で欲しい
     # get 100-200 unpack

 (4) 100 〜 200 番目のメールを LHA + ISH で欲しい
     # get 100-200 i

 (5) 100 〜 200 番目のメールを tar + gzip で欲しい
     # get 100-200 tgz

 (6) 100 〜 200 番目のメールを 30 秒間隔、PLAIN TEXT で欲しい
     # get 100-200 30 unpack

 (7) 最近の100通を PLAIN TEXT で欲しい
     # get last:100

 (8) 100番目のメール以降のものを PLAIN TEXT で欲しい
     # get 100-last

  フォーマットを指定しなかった場合、ファイルはMIME/Muptilpart PLAINTEXT
  にて送り返されます。

  100,000 行を越える場合(大体500kbyte位)は複数のメールに分けますので、
  自分でつなげて下さい。


※※ 注意 ※※

getやmgetコマンドをご利用の場合は1回のメールで済ませて下さい。
例えば、
# get 1
# get 2
# get 10-14
# get 109-145
# exit
というようなコマンドを送信したい場合は
別々に5通のコマンドメールを送信するのではなく
1つのコマンドメールでまとめて書いて送信して
1回のメールで済むようにして下さい。

上記は
# get 1,2,10-14,109-145
# exit
とするとよりサーバーに負荷が掛からず安定したサービスをご提供できます。



<<<  3.6 traffic コマンド(投稿量の統計)  >>>

# traffic [-n ] [-m ] [-d]

オプション -n は、5. の投稿量の多い人のベスト何人まで表示するかを
数字で指定します。デフォルトでは、-n 10 と同じです。
オプション -m は、4. の何通以上あった日を表示するかを数字で指定します。
省略時は「-m 25」と同じです。

オプションをすべて省略して、「# traffic」として送ると
以下の情報が得られます。

     1. 月毎のメール投稿量
     2. メール投稿量毎の日数
     3. 時間帯別の投稿量
     4. 1 日 25 通以上投稿があった日
     5. 投稿者ベストテン
     6. 1 日当たりの平均投稿量と最大投稿量

オプションで「-d」を指定すると、以下の情報が得られます。

     0. 日毎の投稿量








History:

1999/03/04 the default help file is merged with the old shonan-ml help file.
1999/04/15 modified line feeds.


_prev_ ...or... _back home_